ブログ

<< 及川光博「20 -TWENTY-」 | main | でんぱ組.inc「でんぱーりーナイト de パーリー in 国立代々木第一体育館」 >>

スポンサーサイト

2015.08.06 Thursday -

一定期間更新がないため広告を表示しています



花宵道中 安達祐実

2015.05.10 Sunday -
JUGEMテーマ:安達祐実



2006年に第5回「女による女のためのR-18文学賞」にて大賞・読者賞をW受賞した宮木あや子による「花宵道中」。遊女たちの甘美で切ない生き様を、赤裸々かつ繊細な筆致で描き、女性から多くの共感の声が寄せられ、12万部のベストセラーとなる。その後、漫画化されると更なる話題を呼び、累計30万部を超えるヒットを記録。そして、遂に2014年映画化が実現した。/宿命に翻弄されながらも一途な恋を貫き通す主人公・朝霧を演じるのは、高い演技力と存在感で知られる国民的女優・安達祐実。芸能生活30周年を迎えるに当たり、今までのすべてを捧げ、時に妖艶に、時に生娘のように演じ分け、濡れ場では大人の女優としてさらなる高みをスクリーンに刻み付ける。半次郎役はTVドラマ「昼顔」「ファーストクラス」(フジテレビ)と続々話題作に出演する注目の若手俳優、淵上泰史が演じる。妹女郎役に小篠恵奈が扮するほか、三津谷葉子、多岐川華子、立花彩野ら若手女優陣が彩りを添え、高岡早紀、友近、津田寛治らベテラン個性派共演陣が脇を固める。そして、メガホンを執ったのは映画『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』『ソフトボーイ』の新鋭・豊島圭介監督。これまで数々の遊郭を舞台にして名作を生


スポンサーサイト

2015.08.06 Thursday -


このページの先頭へ▲
selected entries
sponsored links
search this site.
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM